脊柱管狭窄症

こんなお悩みはありませんか?

  • 腰やお尻から足にかけて痺れや痛みがある
  • 立っていたり、歩き続けると痛みや痺れが強くなる
  • 座ったり、かがんだりして休むと症状が楽になる
  • 両脚もしくは、片脚の脱力感、痺れ、ほてりがある
  • トイレが近く感じる。尿の勢いが弱く感じる。残尿感などを感じる

 

 

 

脊柱管狭窄症とは?原因は?

脊柱管狭窄症とは、背骨の神経や脊髄の通り道を脊柱管と呼び。

これが何らかの理由(骨の変形・靭帯の肥厚など)で狭くなってしまい、

神経を圧迫して痛みや痺れなどの神経症状が出て来てしまいます。

 

圧迫される神経によって腰痛、片側だけや両側の下肢の痛みや痺れ、

それらによって脱力感や歩行困難など症状が挙げられます。

 

中には直腸膀胱障害という

便秘や頻尿、尿の勢いが弱く感じるなどと言った症状も出てくることもあります。

 

それらは自然治癒は見込めないとされています。

放っておくと症状が悪化してしまいます。

 

脊柱管狭窄症の治療

主な治療方法は

  • 薬物療法

薬を使って血流を改善させて症状の改善を目指していく

  • 装具療法

前屈させるような装具をつけ症状の緩和をさせるもの

  • 神経ブロック

症状が強い場合に神経や周囲に対してステロイドなどを注射して

症状をコントロールするもの

  • 手術

圧迫している部分取り除き広げるような手術などを行うなどが一般的なものになります

 

ですが、そこまでしても改善が見られない方もいらっしゃいます

お尻や足の痺れも腰が原因の可能性が高いということですが本当に加齢による脊柱管の圧迫だけが症状の原因でしょうか?

もし原因が加齢で起こるものなら、皆さん全員が同じように「腰が痛い」のでしょうか?「足が痺れる」のでしょうか?

症状の改善をするためには、筋肉、神経、骨、全てにアプローチをして全体のバランスを整えることが必要不可欠なのです

からだラボ整骨院・整体院 新百合ヶ丘院の施術方法とは??

当院では脊柱管狭窄症になってしまう原因に対して根本から施術を行っています。

身体のベースは骨ですが、骨を支える筋肉(インナーマッスル)を強化することで脊柱管狭窄症の症状を改善していきます。

特に初期の症状や軽度の症状の場合はインナーマッスルを強化することで多くの患者様が改善に向かっております。中にはレントゲン結果としても改善が見られたという患者様もいらっしゃいました

しかし、このインナーマッスルを強化することはとても難しくプロスポーツ選手でも数ヶ月~数年かけて肉体を改造していくと言われております

当院ではこのインナーマッスルを日常生活での負担に打ち勝てる状態に持って行くために特殊な治療機を用いて行い早期回復を行っていきます

 

*背骨の隙間が狭くなってきている

*歩くと疲れやすい

*腰が曲がってきているように感じる

などの方は初期症状の可能性が高いです!

早めに治療をお勧めします!

※当院は予約優先制としております。当日などは予約が取りにくい状況になっておりますのでお早めにご連絡下さい!!

*お電話での問い合わせは下記電話番号をクリックして下さい!

*インターネットからのご予約はWEB予約をクリックして頂けると予約フォームからご予約が可能です!

https://2.onemorehand.jp/karadalaboshinyurigaoka/