腱鞘炎

こんなお悩みはありませんか?

  • 手首が腫れてる
  • 腕に力が入らない
  • 出産後、手首が痛くなった
  • 普段から手や指を酷使する
  • 注射や手術をしても痛みが取れない

腱鞘炎の原因

手の仕組みを少し説明しましょう。

 

手首から指先にかけて、丈夫なひものような組織である腱が、腕の筋肉から伸びています。

この腱は、手の指と骨、筋肉をつないでいます。指を曲げたり伸ばしたり、細かい動きができるのは、この腱が引っ張られて骨と関節が動くからです。

また、腱が骨から離れないようにトンネル状の組織に包まれています。これを「腱鞘(けんしょう)」と言います。

※皆さんが良く言葉にする「スジ」が解剖学的には「腱」と呼ばれるところにあたると思います。

 

この「腱」が「腱鞘」を移動する際に繰り返し摩擦が発生します。この摩擦によって炎症が起こったものを一般に腱鞘炎と呼んでいます。

 

初期に関してはスジが切れているわけではないので、少しずつ痛みを感じてきますがすぐに治まることもあります。(痛みが出たり出なかったりを繰り返すこともある)

患部が指や手首なので安静にするのが難しく、治るのにも時間がかかってしまうため多くの方が悩み、来院されます。

腱鞘炎になりやすい方

腱鞘炎は使い過ぎによって起きる症状の為

・スマートフォンやパソコンのキーボードを長時間使用する方

・包丁を使う調理師さん

・ピアノなど指を多く使う楽器演奏者

などによくみられます。

また、出産や妊娠を経験される女性や更年期の女性にも多く見られ、女性ホルモンの影響もあるのではないかと考えられています。

他にも、糖尿病や人工透析をされている方、関節リウマチの方も起こりやすくなります。

腱鞘炎の一般的な処置

〈安静〉

サポーターやテーピング(包帯)による固定

アイシングによる炎症緩和

〈薬物療法〉

消炎鎮痛剤(湿布)やビタミンB12、血行改善などの飲み薬やステロイド注射

〈手術療法〉

上記のような処置をしても改善が少ない方は腱鞘切開手術を行い、腱と腱鞘の摩擦を軽減させます

からだラボ新百合ヶ丘整骨院・整体院でおこなう施術とは?

腱鞘炎を治して行く上で原因がどこからきているのかが大切です。

痛みはあくまでも症状の1つの為、そもそも腱鞘炎を起こしてしまった原因がどこにあるのかを患者さんと一緒に考えて行きます!

そこも踏まえてカウンセリングと検査を行い、現状の状態を把握していきます。

からだラボ整骨院では、一人ひとり納得した上で施術を受けて頂きたいので、説明にも時間をかけさせていただいております。

指や手首だけをみるのではなく、神経が繋がっている首や肩、姿勢なども踏まえ、根本からの施術を行い、再発しずらい身体作りをそれぞれの患者さんに合わせて提案し、治療を行っています。

首の説明をしている写真

 

 

・腕や手の痛みが中々良くならず、お困りの方はには是非一度受けて頂きたいです!

お電話での問い合わせは電話番号をクリックしてください。

ネットからも予約が可能になります!

※先ずはご相談下さい!!